お花見を楽しむための必須アイテム

桜 暮らし

少しずつ春を感じる日も増えてきましたね。
お花見を心待ちにしている方も多いのではないでしょうか。

季節を感じ、みんなで親睦を深めるお花見。
今年は大人数で宴会をすることはできませんが、近所の公園で家族でゆっくり桜を眺めるお花見もいいものですよね。
今回はそんなお花見をより楽しくする!大活躍間違いなし!なグッズをまとめてみました。

基本のグッズ

お花見の必須アイテム

まずはお花見に欠かせないグッズからご紹介します。

レジャーシート

事前に人数を把握し、適当なサイズのものを用意しましょう。
ブルーシートが定番ですが、最近では、「クッション材入り」でお尻の痛くならないシートも登場しています。

アルコールウェットティッシュ

手や服を汚してしまった時に、すぐに手を洗いに行けるとは限りません。
また、アルコール成分入りだと、食べ物をつまむ前の消毒にも使えます。

紙皿、割り箸、紙コップ

取分け用に、人数より多めに持って行くのがマスト。

マイ箸、マイコップ

各自が持参、持ち帰るシステムにすればゴミを少なくすることができます。
自分の食器を間違えませんし、エコにもなります。

栓抜きやコルク抜き

用意をした飲み物に、ワインや瓶ビールがあった場合は必須。
「蓋は歯であける!」という強者もいるかもしれませんが、やはり器具を使った方がスマートです。

ビニール袋

ゴミ袋に必須。
多めに持って行けばいざというときには雨をしのいだり、簡易なシート代わりにすることも可能です。

ぜひ持っていきたいグッズ

必須とまではいかなくとも、用意した方がベターなグッズです。

カイロ

いくら春でも、ずっと外にいると、思っているよりも冷え込みます。
寒いと楽しむどころじゃなくなってしまうので、防寒対策は念入りに。
持ち運びが楽なホッカイロは、余分に持って行き、他の方にも配ってあげましょう。

ひざ掛け

特に女性には喜ばれます。
寒くなくても座布団にもなりますし、眠くなった時の簡易枕にも。

流せるティッシュ

シーズン中の公衆トイレでは、トイレットペーパー切れも起こります。
持っていると安心です。

ダンボール

シートの下に引くと、地面のゴツゴツが緩和され座り心地が良くなります。
他にも、組み立ててゴミ箱に使ったり、荷物置き場にしたりと用途は広いです。
簡易なテーブル代わりにもなりますね。

マジックorマスキングテープ

あれ、私の紙コップ、どれだっけ?
そうならないために、名前を書きましょう。
マスキングテープで印を付けてもオシャレですね。

小さな折りたたみテーブル

飲み物や食べ物を地面に置きたくない時にあると重宝します。

折りたたみのイス

長時間座っていると疲れますが、椅子があるとかなり楽になります。
特に膝の悪いかたや、高齢のかたが参加をする時は持っていくべきでしょう。

ガムテープor布テープ

シートが飛ばないように地面に貼り付けたり、シート同士を繋ぎ合わせたりできます。

小銭

人気の花見場所の自動販売機では、つり銭切れも起こります。
小銭を持っておきましょう。

あったら便利なグッズ

輪ゴム、クリップ

食べさしのお菓子やおつまみの封に。忘れがちですが、あると意外と便利。

保温ポット

コーヒーや紅茶を入れていったり、お湯を入れて持参したインスタント味噌汁を作ったり、お好みで。

晴雨兼用傘

天気が良くても、にわか雨対策にあると安心。
春でも紫外線量は増しているので、移動中の日傘としても便利です。

日焼け止め

紫外線を気にして楽しめないのは残念です。
気になる方は対策をしてしっかり楽しみましょう!

新聞紙orキッチンペーパー

飲み物をこぼしてしまった時など、掃除に活躍。
新聞紙は体にかけると意外と温かいので、本当に寒い時にはひざ掛け代わりにも?

トレー

飲み物を倒しても被害が少ないように。

プチプチシート

段ボールと同じく、シートの下に引くとお尻が痛くなりにくくなります。
軽くて持ち運びも楽。

ビデオやカメラ

スマートフォンでもいいですが、やはりこちらの方が雰囲気が出る!
お好きなかたは忘れず持参しましょう。置引などにはくれぐれもご注意を。

より楽しむために

トランプやオセロ、シャボン玉などの遊び道具

普段やらないことも、こういう場だと盛り上がります。
お子さまにはシャボン玉がおすすめ!

お子さまの着替え

泥で汚したり、噴水に入って濡れてしまったり、食べ物をこぼして汚れてしまった時のため、替えの服があると安心です。

赤ちゃん連れのかたはベビーカー

お花見場所が広い公園等だと、歩く距離も長くなります。
荷物も多いため、ベビーカーで行く方が楽です。

胃薬やお腹のお薬

冷えや食べ過ぎで気持ち悪くなる人もいるかも…。
いざという時に備えましょう。

お花見を楽しみましょう

お花見を楽しみましょう

これだけあれば不便なくお花見を楽しめるはず♪
もちろん、前日はスマートフォンやカメラの充電も忘れないように気をつけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました