乳歯についての言い伝え

乳歯についての言い伝え


こんにちは!運営企画部のayaです🌻

今回は、贈り物にもぴったりな「お名前入り乳歯ケース」について。
乳歯に関する言い伝えとともにご紹介させていただきます📚


乳歯ケースとは

まずは、乳歯ケースの役割から。

永久歯への生え変わりの始まる6歳前後まで、ずっと子供の健康を支えてくれた乳歯。
抜けた乳歯はお子さんにはもちろん、ママやパパにとっても大切な宝物ですよね。
乳歯ケースは、大人の歯に比べて小さく無くしやすい乳歯を大切に保存してくれるアイテムです🎁


乳歯についての言い伝え

日本では昔から、ネズミの歯が後から後から伸び続けることにあやかって「ネズミの歯と替えてくれ」などの言葉を唱えながら、子供の抜けた下の歯は屋根に、上の歯は床下へ投げるという風習があります。

欧米では、抜けた歯を枕の下に入れておくと、歯の妖精が代わりにコインを置いていってくれるという言い伝えがあります。

乳歯ケース003.おとぎ話A


こちらの「003.おとぎ話」は、そんな欧米の言い伝えをデザインしたもの⁂

お名前シール工場の乳歯ケースはすべて、

お子さまが健康に育ちますように 🍀

という願いを込めてデザイナーが作成した、オリジナルデザインです。


人気のデザイン

人気のデザインは、やはり歯のデザイン!

乳歯ケースデザイン01
乳歯ケースデザイン02


歯のデザイン以外にも、かわいいデザインやかっこいいデザイン、おしゃれなデザイン…
たくさんのテイストをご用意しておりますので、きっとお気に入りを見つけていただけるはずです😉

ぜひ一度、商品ページを覗いてみてください♪


▼ 「お名前入り乳歯ケース」詳細はこちら ▼

https://www.5zest.com/fs/zest/toothbox



入園準備・入学準備に役立つ 
ゼストのお名前シール工場
https://www.5zest.com/