名入れインソールの選び方

2点セットBへの誘導バナー

名入れインソールとは
靴の左右を自分で見分けられないお子さまにピッタリなのが名入れインソールです。 右足と左足のインソールを合わせると1つのキャラクターになる 絵合わせデザインなので楽しく靴を履く練習ができます。 他にも、お兄ちゃんお姉ちゃん向けに絵合わせではないシンプルなデザインも取り揃えております。 絵合わせデザイン6種、シンプルデザイン6種からお選び頂けます。 サイズは13㎝~23㎝までの11サイズあるので成長に合わせて買い替えて頂けます。 ご購入頂いたインソールが大きい場合は、付属のサイズ型紙に合わせてハサミでカットして サイズ調整出来るので便利にご利用頂けます。

用途に合わせてお選びいただけます

  • 1.基本の1セット!

    お名前インソール 1セット

    お名前インソール
    (靴の中敷き)
    1足セット


    タワシでゴシゴシこすっても、印刷が滲んだり薄くなったりしない丈夫なインソールです。 消臭加工が施されておりますので、気になる足の臭いも予防出来ます。 柔らかいクッション性素材を使用しているので、元気に走り回るお子さまの足へもやさしく、 履きやすく可愛くお使い頂けます。 靴の左右が分からないお子さまにも分かりやすく、敷くだけで簡単に名前付けができます。 11サイズ展開で保育園・幼稚園~小学校低学年までのお子様の足のサイズに合わせてお選び頂けます。



  • 2.上履きと下履き両方に!

    お名前インソール 2セット

    お名前インソール
    (靴の中敷き)
    2足セット


    外履き、上履き、習い事など、靴は何足かあると思うので、2足セットでお買い得です。 デザインとサイズは2足とも同じものになります。 元気に走り回るお子さまには洗い替え用のインソールとしてもおすすめです。 同じサイズの靴でもメーカーによって、サイズや型が微妙に違うので、ハサミでカットして微調整が可能です。



4歳くらいまでは靴を左右逆に履くことがよくあります。 教えても、きちんと左右を並べていても何故か逆に履きます。 可愛らしい足でまだまだ足のカタチも完成していなので 逆に履いても違和感を感じないのでしょう。 靴の左右の微妙なカタチの違いも判別は難しいのだと思います。 教え方も難しいですし、教えてもなかなか伝わりません。

そんなお話しをよく聞くので 絵合わせインソール(靴の中敷き)の発売を開始しました。 「絵合わせだと、靴の左右を教えやすい」と好評です。 インソールにお名前も印刷するので、靴へのお名前付けも出来て一石二鳥です。 靴は名前を書く場所が難しいので 左右履き間違い防止目的だけなく、靴への名前付け目的としても人気です。


■素材
・消臭加工をしているので、足の臭いを防ぎます。
・クッション素材で足にやさしい

■サイズ
11種類
13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23cm

厚み3mm

※ぴったりとした靴ですと窮屈に感じることがあります。
※インソールが大きい場合は、付属のサイズ型紙に合わせてハサミでカットしてサイズ調整が出来ます。

■デザイン
絵合わせデザイン 6種類
・001.シロクマ
・002.ハリネズミ
・003.フラワー
・004.ハート
・005.恐竜
・006.電車

絵合わせ無し シンプルデザイン 6種類
・101.チェック
・102.ボーダー
・103.星
・104.リボン
・105.無地ピンク
・106.無地ブルー

■印刷
特殊カラー印刷
・タワシで洗っても印刷が消えない
・汗や擦れにも強い

印刷するお名前は、ひらがな・カタカナ・漢字・アルファベットOKです。旧漢字もOKです。
1行と2行での作成が可能です。